IT関連

2021年最新|アップルが衝撃の発表!アップルカードはすごいけど

2021年4月21日、アップルが新作を発表しました。
その中には「iMac」「podcast」「iPhone新色 Purple」「iPad Pro」「apple TV」などがラインナップされ、さらにこれまでそのベールを脱がなかった「appleカード」の紹介がありました。
ここではアップルカードについてお話します。

 

appleカードついに日本上陸か?

これまでの決済システムには、本国アメリカでサービス提供されていても、日本ではサービスが開始されていないものもあります。
その中の1つに個人間で送金をできる「Apple Pay Cash」とクレジットカードが合体した「Apple Card」と呼ばれるものがあります。
appleは今回日本でもappleカードがつかえるようになると言う期待をさせる発表しました。

幸か不幸かコロナウイルスの影響もあり、ほとんどの店舗、通販でキャッシュレス決済が盛んになり、この「コロナ」時代は、アップルにとって日本でのサービスを拡充する絶好の機会となっていくのでしょう。

 

appleの決済システムについて

まずQRコード決済はスマートフォンで利用できる手軽なキャッシュレス決済としてPayPayを筆頭に急成長を遂げたのご承知の通り。
ひも付けされた銀行口座、クレジットカード、コンビニでのチャージ、プリペイドカードと、決済の引き落としの選択肢とポイント還元により始めた人も少なくないと思います。

しかしPayPayのようなQRコード決済をApple Payはとっていません。
appleはAmazonペイ、Amazonペイ、Googleペイに類似し、Suicaが採用する「FeliCa」の上位互換規格で「NFC」という規格を用いた非接触の決済サービスを重視し、Suicaが採用する「FeliCa」の上位互換規格です。

 

appleカードのセキュリティ

以前から日本で利用されていた「電子マネー」や、Android端末向けの「Google Pay」も、NFCやFeliCaを利用しているが、Apple Payは決済時に「Touch ID」や「Face ID」による生体認証を必要とすることで、セキュリティを保持しています。

しかしApple Payは、そのようなビジネス戦略とは真逆を進み、Apple Payの利用履歴をアップルが外部に販売することはしません。
Apple Payにひも付けたクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード自体のカード番号は、アップル自身も保管・入手できないだけでなく、カード番号を取引相手に開示することなく決済ができる仕組みでできているため、セキュリティが他社よりも群を抜いています。

アップルは、自社で責任の取れないハードや、(銀行口座含め)登録審査の甘いサービスとの連携がセキュリティを弱めると考えているので、今までは店頭でApple Payを利用する際は、iPhoneかApple Watchが必要が必要不可欠でした。

今回、アップルが自社のクレジットカードであるApple Cardを発表した目的は、appleカードに紐図けられるApple Payの普及を加速が目的で、自社の金融ビジネスを拡大するためだということですが、Apple Card自体が最高レベルのセキュリティの高さでユーザーが秘めるクレジットカードに対するセキュリティの不安を払拭し、結果appleの信用を上げる。これが最大の狙いでしょう。

従来のApple Cardは、自分のiPhoneやiPadを使って「Wallet」アプリ経由で使用する「デジタルカード」であったため、盗難やスキミングのような被害に合う確率が低めでした。

今回appleが発表したappleカードはチタン製の物理カードですので落としたり盗まれたりすることはあると想定できます。
しかしappleカードに刻印されているのは、アップルのロゴと利用者名のみ。
カード番号や有効期限、CVC(セキュリティコード)、サイン欄などは存在せず必要な情報は全て、内部のICチップに保持されているため、ハッキングされない限りは情報が漏れることはないと言い切れるでしょう。
このICチップによって2021年4月に発表されたappleカードはApple Payと同様に、カード番号を取引相手に開示せずに決済処理することができるセキュリティ対策万全な物理カードとして重宝されるかと思います。

アップルと提携しているイシュア(カード発行元)となった米ゴールドマン・サックスにも、appleはデータを外部に出さないことを条件にいれており、個人情報保護の観点からも、appleカードは最も安心して使えるクレジットカードだということでしょう。

 

appleカードにポイント還元はある?

アメリカではApple Cardを使い、アップルの製品やサービスの購入や購読でポイント3%、Apple Payでの買い物で2%、appleカードでの買い物も1%のキャッシュバックを受けることができています。

 

appleカードの難点

現状、appleカードの利点を最大限に発揮するにはappleストアからの購入が条件になります。
いろいろな店舗でクレジットカードを使い、ポイントを貯めたいと言うユーザーには不向きなカードと言えますが、ご存じのようにappleはソフトバンク、ヤフー、LINEを子飼いにしていることから、PayPayとLINEPayを紐づけることができるので、この先をリードするクレジットカードであることは間違いないでしょう。

 

appleカードは日本で使えるようになったか?

問題は今回の発表が日本に向けられているのか?ということです。
なのでappleカードの申し込みページを進めてみたところ・・・

日本語に対応していますね。

おお、すごい期待させますね!

申し込みます!

appleIDをいれて進むと・・・

まだ日本からの申し込みはできないようですね。

一日も早い対応を期待します。

 

 

appleカード上陸のまとめ

ゴールドマン・サックスは、もともと、富裕層中心の資産運用サービスや融資サービスを手掛けてきた投資銀行だった。ところがApple Cardの発行によって、同行がビジネス拡大のために2016年からスタートさせたオンライン融資サービス「Marcus」(創業者の名前を冠した小口融資)が大きく進展した実績があります。
Apple Cardは、ゴールドマン・サックスをして「史上で最も成功したクレジットカード・ローンチである」といわしめたほどの成功事業です。
ゴールドマン・サックスの日本法人が、2019年5月に金融庁に対して銀行業免許の申請手続きに着手し、今回の発表に至った経緯も含め、Apple Cardがセキュリティとプライバシーに関する新たな概念をもとに日本のクレジットカード業界にもたらすことは明白であると断言できるでしょう。

 

 

-IT関連

© 2021 DefrosMia(旧Ewers) Powered by AFFINGER5